7日間無料お試し期間あり

今回は、水の適正量に関するお話です。

水の摂りすぎ、不足によってどのようなリスクが生まれるか?についてご紹介します。

正しく水と付き合い、健康的な体になりましょう。

水をたくさん飲むことは健康に良いのか?

まずは、水をたくさん飲むことは健康に良いのか?についてです。

「水」とは、人間の体の約60%が水分で形成されているため、水が不足すると健康を害する(生体の機能を損なう)可能性があります。

その為、厚生労働省でも「健康のため水を飲もう」推進運動が実施されています。

かと言って水をたくさん飲むことは本当に健康に良いのでしょうか?

水は適正量を摂取しましょう。

水は適正量を摂取するようにしましょう。

実は、水が不足すると健康を害する可能性があるだけでなく、水の過剰摂取も健康を害することに繋がります。

何事も摂りすぎはよくないですね。

一日に摂取する水の目安は「60kg」の成人男性で約2.5リットルが適性とされています。

もちろん体の大きさによって摂取すべき量は前後します。

一日の摂取目安2.5リットル(体重60kgの成人男性)

水を過剰に摂取するリスク

水を目安量以上に過剰摂取すると以下のリスクがあります。

・低ナトリウム血症

低ナトリウム血症はどのような症状が出るのでしょうか?

低ナトリウム血症

低ナトリウム血症とは、血中の水分量が多くなることで、ナトリウム濃度が下がり引き起こります。

症状としては、

【初期症状】反応の鈍化・錯乱・めまいなどの脳機能障害
【重症化症状】筋肉のひきつり・痙攣・昏迷・昏睡

が現れます。

実はこれを書いている私も低ナトリウム血症になったことがあり、10分以内に水を2.5リットル飲んだら強烈なめまい症状が現れました。

水が不足することによるリスク

水が不足してしまうと以下のリスクが発生します。

・脱水症状
・熱中症
・筋肉の痙攣
・循環不全

もちろん、最終的には死に至ります。

水が直接的な原因でない症状も他に様々あります。

厚生労働省の案内にもあるように「水を飲むことで健康になる」=「水が不足することによる不健康や症状を、水を飲むことで回避できる」ようになるので、こまめな水分補給は必ず行いましょう。

こまめな水分補給をするには

こまめな水分補給をするためには「身近にある美味しいお水」という存在が必須になります。

ペットボトル・宅配水・浄水器・活水機などたくさんの選択肢があると思います。

当サイトトップページにてコスト比較をしてありますので、よかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound
7日間無料お試し期間あり
LINEでお問い合わせ